離婚時の夫婦共有不動産の処分方法

共働きの夫婦が共有名義で自宅を購入して、それぞれが連帯債務者になっているご家庭は多いと思います。

しかし、このケースの夫婦が離婚することになってしまった場合には、借り入れの問題から非常にトラブルになりやすいと言えます。

離婚すると、財産分与によってどちらか一方が不動産を継承することになると思いますが、夫婦の都合ではこの名義の変更を行うことは出来ません。

金融機関は世帯収入をベースに融資の条件にしていますので、不動産を一方が継承するから今後はひとり分の支払いで引き継いでいくと言うわけにはいかないのです。

連帯債務を追っている以上、離婚して財産分与により不動産を一方が継承したとしても、無関係になった一方が債務者としての立場を外れられることは限られた条件でのみになってしまいます。

上記のような問題から、離婚時には不動産を売却して換価してから分与することが多いのですが、地域によっては売却しても思ったような価格がつかずに、返済が困難な場合もあるため、金銭的な負担が増えてしまうこともあり得ます。

当社ではこのようなケースの場合に、共有の持ち分を継承人が買い取るという方法での解決を提案しておりますので、自宅を手放したくないという方にも、ご希望に沿った提案をすることが出来ます。

取り組みにあたっての条件などで、詳しい説明をご希望される方は、無料での相談を行っておりますのでお気軽にご連絡ください。