競売前に行う任意売却について

任意売却に対して、競売の申し立てを受けてから行うものというイメージが強いですが、実際には競売の申し立てを受ける前に行うことも可能です。

最近では、代位弁済が行われた後に、債権者側から任意売却を推奨されるケースも増えておりますので、以前よりも任意売却に対しては積極的に取り組んでもらえる状況です。

むろん、無条件に任意売却が出来るわけではなく、価格などの条件面が債権者の査定に合致するという前提のもとになりますので、通常の任意売却と同じく交渉を重ねながら進めていきます。

その他の条件を比較しても、売却の内容は競売後の任意売却とほとんど変わりはなく、引越し費用を含めた諸費用の準備も対応可能です。

大きな違いは、競売前に任意売却に着手することで、一定期間は債権者も競売の申し立てを待ってくれますので、競売後の任意売却よりも販売の期間が長く取れると言うことです。

これは、競売の申し立て後だと、長くても半年程度しか時間が残されていない状況に対して断然有利になりますので、成約する確率が大きくアップ致します。

決断するのに勇気がいる任意売却ですが、早期に選択することで競売を回避する確率が断然高くなりますので、まずは無料相談にてご相談ください。