競売は取り下げすることが出来るのか?

多くの方が、一度競売の手続に入ってしまうと、もうどうしようもないのだと考えてしまわれるようですが、実は競売は取り下げすることで中止させることが出来るのです。

取り下げとは、競売を申し立てた債権者が、管轄する裁判所に対して競売を取り消す旨を申し出る行為のことです。

競売手続において、誰が落札人かを確認する『開札』の期日前日までであれば、取り下げは間に合うとされております。

 

ただし、債権者も何のメリットもなく、取り下げしてくれるわけではありませんので、それに向けての承諾を取り付ける必要があります。

その最たる行為が任意売却です。

任意売却を行うことで、債権者は競売で落札されるよりも高く売却ができ、結果として回収する金額が多くなりますので、取り下げの承諾を得ることが出来ます。

債権者にとっても任意売却を行うことによって、一定のメリットがありますので、無下に断られることはないと考えられます。

 

競売になってしまうことは、落札の金額が低くなることが予想され、結果多くの債務が残ってしまいますし、引越しの費用も捻出されることはありません。

任意売却によって解決された事例はたくさんありますので、そのままあきらめてしまうことなく、一日も早い解決を目指してご相談していただければ幸いです。