税金の滞納があると任意売却は難しいのか?

住宅ローンの滞納によって選択される任意売却ですが、ほとんどの方が同じように税金も滞納されてしまっております。

この時当事者の多くの方は、税金まで滞納していると任意売却が難しくなると考えておられるようですが、実際にはその限りではありませんので、ご安心ください。

税金の滞納による任意売却への影響は、差し押さえが入ってしまった場合に、取り下げの手続きが必要になることです。

取り下げのためには、任意売却の決済の時に、対象になっている税金を支払うことで了承されます。

この支払いのための原資ですが、抵当権を設定している債権者と交渉して、売却の際に費用(ハンコ代)として認めてもらうことが出来るので、所有者の負担が一切無くても支払いすることが可能です。

ただし、滞納の金額があまりに大きすぎると、全額が費用(ハンコ代)として認められない場合もありますので、その場合には可能な限り支払いを減らす交渉が必要になります。

特に税金の場合には、減免の申請が認められることもありますので、支払い減額のために積極的に活用するべきだと思います。

減免の手続きなどは、任意売却手続きと包括的に進める必要がありますので、当社の無料相談にて詳しくご説明させて頂きます。