多額の税金を滞納してしまった場合の任意売却

任意売却を行う際に、劣後債権者の抵当権や税金の滞納による差し押さえがある場合には、これらも包括的に解除の承諾をもらう必要があります。

この場合、各債権者に対して配分という形で費用の支払いを行い、それによって抵当権の抹消や差し押さえの取り下げについての許可を受けるのです。

その際に、もっともネックになるのが税金の滞納金額の総額です。

最近の傾向では、税金の滞納がある場合に、滞納額全額の支払いを行わないと、差し押さえを取り下げしてくれないケースが増えております。

差し押さえの取り下げが受けられないということは、任意売却が成立しないということになりますので、この点に充分留意して税金の対応を行う必要があるといえます。

必要に応じて分割納付が出来るように提案したり、減免の申請を組み合わせて提案を行うことで、納付の条件を緩和していくことが求められます。

これらをうまく取りまとめることが出来れば、任意売却の成立する可能性が高くなりますので、税金の滞納額が多額に及んでしまっていても、すぐにあきらめる必要はないのです。