借り換えによる競売の回避

住宅ローンを滞納してしまい、このままでは競売になってしまう状況では、少しでも条件を良くするために任意売却を選択します。

しかし、中にはどうしても自宅を手放すことが出来ない方もいらっしゃいますので、任意売却によって解決する結果が望ましくない場合もあります。

そのような要望に対応する手段としては、セールアンドリースバックによる任意売却がありますが、もうひとつ借り換えによる競売の回避という方法があります。

現在の借り入れに対して、別の金融機関から融資を受けることで返済し、競売を取り下げる方法です。

競売になってしまうと信用情報に登録されてしまいますので、借り入れが出来ない状態を想像してしまいますが、このような場合でも一定の金融機関からは借り入れを受けることが可能です。

ただし、ある程度取り組むにあたっての条件は厳しいので、これまでの支払いよりも条件が良くなることが、取り組みを行う上での必須条件です。

融資条件や審査の申し込みなど、詳しいご説明をご希望の方は、無料相談でご案内させていただいておりますので、ぜひ一度ご連絡くださいませ。