住宅ローンの破綻件数はかなりある!破綻するまえに任意売却!

住宅ローンの破綻件数が増加しています。

収入状況の悪化が主な要因ですが、早めに手を打たないと手遅れになってしまいます。

支払いが少し遅れたくらいでは破綻するとまでは言えませんが、支払いを滞納してしまうと破綻の兆候と判断出来ると思います。

滞納した状態が続いてしまうと、債権者から競売の申し立てをされてしまいますので、いずれは不利な条件で自宅を失い、退去することを余儀なくされてしまいます。

このように、住宅ローンの滞納が始ったことで、最終的に破綻に至ってしまうケースが近年増加しているわけですが、破綻を回避する方法はあるのでしょうか?

一番効果的な方法は、任意売却を進めることだと思います。

任意売却を選択することで、競売を回避して、より有利な条件で再出発を図ることが出来るのです。

任意売却は、早期に選択するほど成約の確率が高くなりますので、早めに決断することが望ましいのですが、万が一競売の手続が始まってしまってからでも進めることが出来ますので、あきらめることなくご相談ください。

ご自身の状況で任意売却が適用出来るかご不安な方は、ぜひ一度無料相談にてご相談ください。