住宅ローンの延滞が続くとどうなる?延滞の対策法

不況の影響などで収入が減少してしまい、やむを得ず住宅ローンを延滞してしまった方は、この後どのように展開していくのでしょうか?

すぐに状況が好転する見込みがあって、延滞を解消出来るのであれば、何も不安はないかと思いますが、多くの方はこのままではどうなるのかわからずに、不安な毎日を過ごされていることかと思います。

延滞が解消出来ないでいると、債権者から督促状が届き、書面で支払いの催促が行われます。

時間が経過するごとに口調が厳しい内容のものに変わっていき、最終的には『期限の利益の喪失』を根拠に、競売の申し立て手続きを行うという内容になっていきます。

この時点で債権者は、これまで通りの分割での支払いに応じることはほとんどなくなりますので、一括での支払いが出来ない限り、話し合いでの解決は困難になってしまうのです。

競売の申し立てが裁判所に認められると、裁判所から競売開始決定が通知されて、準備の期間を経て入札の手続が始まります。

このように延滞が続いて放置してしまうと、自宅は競売の対象になってしまいますので、その前に何らかの対策を講じる必要があります。

一般的には競売での落札額は低い金額にとどまってしまい、所有者にとっては不利な条件で手放すことを余儀なくされます。

条件を少しでも良くするための対策法として、任意売却という解決方法がありますので、競売になってしまう前に対策を講じる準備をしてください。