住宅ローンで破産する前に、任意売却は最善方法の一つ

破産と聞くと穏やかではありませんが、住宅ローンの滞納から始り、最終的にはそこまで至ってしまうケースも多々あります。

そのようにならないためには、どうすればよいか?

住宅ローンの滞納を放置してしまうと、いずれ債権者からは競売の申し立てをされてしまい、結果として落札されてしまいます。

ご存じの方も多いと思いますが、競売での落札額は市場価格より低い価格にとどまることが多く、売却していればもっと多く返済出来たはずの債務が、大部分が返済出来ずに残ってしまうことになるのです。

破産に至ってしまう方の多くは、この債務額が多すぎたため、返済が困難になってしまった方です。

そこで有効な対策が任意売却です。

任意売却は、債権者と交渉して、査定額に基づいた適正価格で売却を進めることになります。

債権者の目線で考えても、競売になるよりも高い価格で売却することが望めますので、双方にとってのメリットにもなります。

たとえ競売になってしまった後でも選択することが出来ますし、引越しの費用を捻出することも出来ますので、まさに最善の方法と言えることでしょう。

お仕事の事情などで、どうしても破産は避けなければならない方もいらっしゃると思いますが、まずは任意売却をご検討ください。