任意売却後の買い戻しについて

収入の減少などによりローンの返済が出来なくなってしまい、仕方なく任意売却を選択して、自宅を手放す決意をした方は大変多くいらっしゃることかと思います。

ただ、そのような方の中には自宅をあきらめきれない思いが強く、今は手放さざるを得なかったとしても、収入が安定したらもう一度元に戻りたいと願われる方も少なくないと思います。

手放してしまった自宅は、将来買い戻しをすることによって、もう一度取り戻すことが出来る場合があります。

ただし、通常は購入された方の生活もありますので、買い戻しが出来る可能性はごくわずかしかありません。

もし将来の確実な買い戻しを希望されるのであれば、当初から買い戻しの条件を付けて任意売却を行う必要があります。

買い戻しの条件を付けて任意売却をするには、セールアンドリースバックの仕組みを取り入れた売却手法を行うことがもっとも適しています。

セールアンドリースバックとは、自宅を第3者に売却して、一時期は賃貸物件として賃料を支払い居住します。

その後、あらかじめ定められた期限を経過した段階で、指定された人物によって自宅を買い戻しすることが出来る手法です。

この手法によれば、一定期間を賃貸物件として居住することになり、通常の任意売却で行う引越しの手間も省くことが出来ますので、引き続き居住し続けられるメリットもあるのです。

引越しの負担も無くなりますし、ご自身や家族の都合でどうしても引越しをしたくないと考えられる方にもお勧めの解決方法です。