任意売却後の自己破産について

任意売却を選択される方の多くは、債務超過(債務が資産額を上回る状態)の状態にあり、売却されたあとにも、無担保の債務が残ってしまうことがあります。

この無担保の債務については、売却後に債権者との話し合いによって、月々分割で支払いを継続するように求められます。

その際には、債務者の生活状況を収入や支出なども含めて報告して、情報の中から判断される生活現状を勘案したうえで、支払い可能な金額を査定して毎月の返済額が決定します。

その分割での支払いも難しいほど状況が困窮している方もおりますので、そのような方の中には弁護士に依頼して、債務整理を選択されるケースもあります。

債務整理の方法はいくつかあるのですが、任意売却後に行うのであれば自己破産を選択されるのが最も多いようです。

ちなみに、任意売却を行う前に自己破産を進めてしまうと、管財人案件になり不動産が財団に組み込まれてしまい、任意売却を希望通りに進められなくなってしまうこともありますので注意が必要です。

自己破産の適用要件などについては、詳しく弁護士に相談していただく必要がありますので、任意売却をしてから債務整理を希望していることなどをしっかりとお打ち合わせして頂くのが望ましいかと思います。