任意売却後の残債務の処理

任意売却はほとんどの場合、債務超過(不動産の資産価値より債務が多い)の状態で行われることになります。

このような場合に、売却をした後に残った債務はどのように扱われるでしょうか?

取り扱いの多い、住宅金融支援機構の任意売却の場合には、売却後に債権者と債務者の間で、分割での支払いについての打ち合わせが行われます。

その時の生活状況を、ある程度考慮してもらえますので、支払い不可能な金額を月々に請求されることはほとんどありません。

担保物件を売却処分しているうえでの話し合いですので、債権者も取れるものが無いところから無理やり取って行くようなことは、通常では行わないのです。

住宅金融支援機構以外の銀行融資も、基本的にはこのやり方に近い形を取ってますので、返済可能額の毎月分割という支払い方が、最も多いケースです。

中には、その生活状況についてを詳細な報告書を提出するように求められることもありますが、今後の生活にかかわることですので、面倒でもきっちり対応しておくべきだと思います。

もし仮に、支払いを無視するような行為に及んでしまうと、場合によっては給与口座の差し押さえなどの手段に出られる可能性もありますので、安易に支払いを拒絶するのは取り返し付かないことになる危険もあるのです。

ちなみに、売却後に自己破産などの債務整理を行う場合はこの限りではありませんので、その時の生活環境と支払いのバランスを考えて、しっかりとした計画を立てるのが望ましいと言えます。