任意売却後のクレジットカード利用

任意売却を行った場合に、その後の生活などの状況についてご質問頂く機会が多くあります。

今回は、クレジットカードの利用についてを取り上げさせていただきます。

この問題に関しては、個人の信用情報というの審査情報の扱いと関連してまいりますので、合わせて説明致します。

信用情報とは、ローンを組んだりされる際に、これまでの借り入れの返済状況や勤務状況ならびに収入などから、その個人が融資の対象として適切かを判断する審査情報のことです。

新規でクレジットカードを作られる場合などには、審査の内容として必ず信用情報を確認致しますので、問題のある方ではカードを作ることができません。

任意売却を行う状況になってしまっている方は、住宅ローンの滞納があった方ですので、信用情報上は滞納があったことが登録されて、場合によっては事故者の扱いになってしまいます。

任意売却後にも、この情報の登録が残されることになりますので、新たにクレジットカードを作ることや継続してのカードの利用が出来ない可能性があります。

ちなみに、カード利用に関しては、過去の経験で任意売却後にも継続して利用できたケースがありますので、信用情報の登録内容によって、少し個人差があるようです。

とはいえ、どのようになるかは信用情報次第という、不安定な状況にありますので、出来ればカードに頼らずに生活していただけるように、きちんと再生を図っていただきたく思います。