任意売却後に自宅を買い戻したい方へ

任意売却を選択された方は、自宅を手放して引越しを余儀なくされます。

ただ、長年住み慣れた思い入れがあったり、中には特別に手をかけた方もいらっしゃったりしますので、いずれは生活を立て直して、将来的には自宅を買い戻したいと希望される方も多くいらっしゃいます。

買い戻しをする際に障害となるのは、一度第3者に売却してしまうと、よほどその時の所有者に有利な条件を提示しない限りは、買い戻しが難しいということです。

所有する方も、苦労したうえで手に入れたマイホームですので、簡単に手放せないのは当然のことかと思います。

そんな状況を回避して、将来の買い戻しを前提にした任意売却の手法が、セール&リースバックです。

この手法は、不動産の投資会社やファンドなどの第3の協力者に対して、将来の買い戻しを前提にした不動産の売却を行います。

さらに、決められた買い戻しの期間までは、賃貸不動産として賃料を支払い、引き続き居住することが出来ますので、引越しの手間も省くことが出来るのです。

期間が到来したら、あらかじめ定められた条件で買い戻しを行いますので、急に条件が変わることなどはありません。

もしも買い戻しの準備が出来なければ、買い戻しの条件を解約することも可能ですので、その時の生活状況に応じた対応を選択できます。

当社では、複数の協力会社と提携しておりますので、買い戻しの希望があって任意売却を選択する方には、是非ご相談いただきたく思います。