任意売却を行う条件

任意売却を行うに当たって何か条件はあるのか?とご質問を頂く機会がよくあります。

任意売却を行う条件として非常に重要なのは、残された時間と売買価格です。

売買価格は、債権者が抵当権抹消や取り下げ(競売や差し押さえがある場合)に応じてくれるための、大事な条件です。

売買価格が低くて、あまりに回収金額が少なすぎると債権者は取引に応じてくれません。

価格については、販売活動を行いながら債権者と交渉して見直しを行いますので、このために大切なのが残された時間です。

すでに競売になってしまっている方と、なっていない方では、この売却に費やせる時間が違ってきます。

まだ競売になっていなければ、債権者の多くは競売の申し立てを一定期間待ってくれますので、それだけ販売活動の時間を長くとることが出来るのです。

しかし、競売になってしまっていると、管轄する地方裁判所にもよるのですが、長くても開始決定から半年くらいの時間しか猶予がありません。

そのうえ開始決定から着手までの時間が経ってしまっていると、さらに活動出来る時間が短くなるのです。

時間がなければ価格の交渉も難しくなりますので、成約の確立をあげるためには、時間が大切なことが分かります。

早期にご相談いただき、少しでも有利に進められるように、これらの条件のことをよくお考えください。

残されて時間は、非常に貴重ですので、