任意売却をするとき、税金の滞納はどうなるか?

任意売却を選択された方の多くに共通してしまうのが、税金の滞納があられるということです。

任意売却は、住宅ローンなどの支払いが困難になる事が原因で、やむなく選択されることになります。

不動産を所有しているのであれば、固定資産税などの税金が発生しますので、ローンに加えて税金の支払いもしなければなりません。

大半の方はどちらの支払いも困難な状況であられることから、ローンだけ滞納して税金だけ支払っているという方は、ごく少数ではないかと思います。

税金の滞納がある場合、多くのケースでは不動産に対し、税金の管轄官庁から「差し押さえ」が入っていることになります。

任意売却をする場合は、差し押さえが入ったままでは売却することが出来ませんので、最終的には差し押さえの取り下げをしてもらうことが必要になります。

ただし、管轄官庁も言われるがままに取り下げの対応をしてくれるわけではありませんので、取り下げをしたもらうために必要なこととして、結局は税金を納付することになるのです。

しかし、そもそも支払が出来ないのにどうやって納税をするのか?

それには任意売却に伴って、売却代金のなかから税金を支払い、取り下げをしてもらうという方法を選択します。

そのためには、各債権者に対して配分する費用を交渉して、各々の了解を得たうえで対応する必要がありますので、キチンとした対策を準備する必要があります。

少し回りくどくなりましたが、任意売却をするにあたり、税金の滞納があっても決定的な問題にはなりませんので、不安に思って踏み出せない方も、一度ご相談をしてみてください。