任意売却は確実に成功することなのか?

ローンを滞納してしまい、任意売却を進める選択をされた時に、確実に売却が出来るのか?とても不安になられると思います。

売却の成否を決める一番重要なことは、売却活動に費やせる時間です。

滞納した状況になると、債権者である銀行は、期限の利益の喪失を理由に、競売の申し立て手続きを行うことになります。

競売になってしまうと、時間の限りが決められてしまい、ほぼ中断することはありません。

この競売までの時間が、任意売却に費やせる残りの時間です。

統計によると、ローンの滞納から概ね3~6か月ほどで競売申し立ての手続に入り、申し立てから半年ほどで競売の入札期間に入ります。

不動産は縁ものと言われるように、売り手と買い手のタイミングが合うことが成約のポイントになります。

販売時間が長いほど、多くの消費者にアピールすることが出来ますので、それだけタイミングが増えることになるのです。

任意売却の決断は容易に出来るものではありませんが、早く決断することで解決の可能性を広げることが出来ます。

まずは、無料相談のサービスをご利用いただき、任意売却とはどのようなものかを把握して頂き、そのうえでご決断して頂くことが望ましいと思います。