任意売却の配分表について

任意売却を行うときに、不動産に抵当権を設定している債権者が複数いる場合があります。

おもな任意売却では、債務超過の状態になっておりますので、不動産の売却価格よりも債務の方が多い状態です。

売却を行うには、全ての抵当権者から抵当権抹消の承諾が必要になりますので、その際に行われるのが配分による債権者との交渉です。

売却の代金は、抵当権の順位が上位の債権者から優先的に返済を受けるのですが、そのままだと劣後の債権者が一切回収できないようになってしまいます。

債権の回収が全くないと、劣後債権者が任意売却に応じるメリットがなくなってしまいますので、上位の債権者にハンコ代という費用を認めてもらい、これを劣後債権者への配分にします。

ハンコ代は、劣後債権者に抵当権抹消に応じてもらうために支払いする費用です、上位債権者は一部の回収金額を削減することで、ハンコ代を捻出しますので、関係者全員の理解が必要です。

その際には配分表を作成して、全ての債権者から承諾が得られれば、任意売却を進めることができるようになります。

任意売却においては、配分に承諾が得られるかが成否の大きな鍵になりますので、各債権者の利害をまとめることも重要なポイントになります。