任意売却の選択肢、親族間売買について

任意売却を進められる方は、他の選択肢の少ない状況の中で、少しでも良い条件になればとの願いを込めて、苦渋の決断をされたことかと存じます。

とはいえ、住みなれた我が家を手放すのは、やはり心苦しいことかと存じます。

特にご家族様がいらっしゃるようであれば、家族全員の負担になることですので、可能ならば元の状況を取り戻したいと願われる方は少なくありません。

この時、もしもご身内の方の中に、ご協力頂ける方がいらっしゃるようであれば、親族間売買を選択することが出来ます。

ご身内の方に融資を組んで頂き、対象の不動産を買い取って頂くことで、自宅を守る方法です。

親から子への売却を行う、親子間売買もこの手法の一つに挙げられます。

親族間売買では、買い手になっていただける方が、金融機関からの融資を受けることが出来るか否かが大きなポイントになります。

金融機関によっては、親族間売買での融資にあまり積極的に取り組んでいないこともありますので、ご希望される方は融資先の選定からご相談にいらしてください。

小さなお子様や高齢のご家族様にとっては、引越しはかなりの負担になってしまいます。

少しでも可能性がある限りは、あきらめないでご相談にいらしてください。