任意売却の引越し時期は選べるのか?

任意売却を行う以上、避けて通ることが出来ないのが引越しです。

引越しは、時間も費用もかかることですので、住んでいる方全員の負担になります。

そのような状況の中で、引越しの時期を少しでも長く伸ばせるように調整を希望される方も少なくないと思います。

引越しの時期は、原則として決済の前までに行うことになります。

決済とは、買主から代金を受領し、退去後の不動産を引き渡しする手続きのことです。

ここでポイントになるのが、競売になってしまっていると、開札になる前までには取り下げ=決済を行わないとならなくなりますので、それだけ決済までの残り時間が少なくなってしまうことです。

少しでも時間的猶予を残して任意売却を進めるためには、競売になる前に任意売却の手続きを行うことが有効です。

早期に任意売却を行うことは、売却の成約確立を高めることにもなりますので、再出発を行うために非常に有意義に働きます。

もうひとつの手段としては、セールアンドリースバックによる任意売却を行い、引越ししなくても済む解決を図ることです。

セールアンドリースバックについては、任意売却後も引越ししなくて済む解決の手段として、最も効果的な方法ですので、詳しく詳細を知りたい方は、当社の無料相談にてご確認ください。