任意売却の引っ越し費用

長らく続いた経済低迷の影響で、生活状況が悪化してしまい、やむなく任意売却を選択される方。

自宅を手放すのは覚悟したとしても、引越しする時の費用はどうすればいいのか?とても気になるポイントだと思います。

任意売却をするメリットの一つに、「引越しの費用が準備出来る」とありますが、本当に準備出来るのかと半信半疑の方も多いことでしょう。

任意売却で引っ越し費用が準備出来るというのは、次のような理由が挙げられます。

引越しの費用は、売却した代金の中から、売却を完了させるための必要経費として、配分から捻出されます。

違う言い方をすると、任意売却を選択するケースではほとんどの場合が債務超過ですので、売却で得られた代金をすべて債権者に支払いしたとしても、まだ債務が残ってしまう状態にあります。

ところが任意売却では、本来は債権者が回収する代金の中から取り分(配分)を減らしてもらい、必要な費用に充当してもらうことが出来るのです。

なぜ債権者がそこまで対応してくれるのか?理由は次の通りです。

任意売却の選択をしなかった場合は、債権者は債権の回収のために競売の手続きを申し立てすることになります。

ところが、競売というのは市場価格に対して割安で落札されるケースが非常に多いので、回収出来る金額が少なくなってしまう可能性が考えられるのです。

これが競売ではなく任意売却で処理が出来た場合には、市場価格に近い価格での売却が見込めるので、債権者にとっても回収額が増えて、取り組むことでのメリットがあるのです。

だからこそ、取り分(配分)を減らしたとしても、トータルではマイナスにならないというのが、一定の金額を経費として捻出してくれる理由になるのです。

ただ最近は、債権者もむやみに過大な金額を引越し費用として認めてくれるケースは少なくなっておりますので、お金の準備をすべて引っ越し費用に頼り切ってしまうのは、注意する必要があると思います。