任意売却の売値の決定方法

任意売却は主に、債務超過(債務額が不動産価値より大きい)の不動産の売却に用いられます。

不動産の価値よりも債務が多い状態ですので、適正価格で売却をしたとしても、売却後に一定の無担保債務が残ります、よって債権者には抵当権の抹消を応諾してもらう必要があるのです。

では、その売値はどのように決めるのでしょうか?

どのみち、債務超過で売却後も債務が残ってしまうのであれば、いくらで売却しても構わないのではと思われる方もいらっしゃいますが、あまりに価格が低すぎると、債権者は抵当権の抹消に応諾してくれません。

任意売却である程度の債権の回収が出来ないと、債権者が売却に応じるメリットがなくなってしまうからです。

言い方を変えると、競売にした方が回収額が多くなるような価格では、任意売却に応じることが出来ないということです。

売値の決定方法は、住宅金融支援機構が債権者の場合、指定される書式で物件の査定を行い、債権者側の査定した価格と比較検討をしたうえで、債権者側が売り出し価格を決定致します。

そのほかの金融機関でも、相互に査定を行い、債権者側が売り出し価格を決定しますので、手順はおおむね支援機構と同一です。

このように、当初の売値は一方的に決めることは出来ないのですが、一定期間経過しても債権者指定の売り出し価格で成約しない場合には、売主側からの要望で価格の見直しを交渉することも可能になっております。