任意売却のメリットとは?

インターネットの情報やダイレクトメールなどで、住宅ローンを滞納している時には、任意売却を行うことで競売での落札を回避することが出来ると紹介されております。

最近では債権者からも任意売却を進められるケースが増えておりますが、実際には選択することでどのようなメリットがあるのでしょうか?

まず第一に、任意売却での売却額は、競売での落札金額と比較しても、相対的に高くなるケースがほとんどです。

高く売却することが出来れば、それだけ多くの債務を返済することが出来ますので、残債務を少なくすることが可能です。

ただ高く売却出来ても、ほとんどは借り入れの返済に充てられてしまいますので、手元にお金が残るわけではありません。

任意売却の一番のメリットは、全額が返済に充てられてしまう金額でしか売却出来なくても、引越し代金を残すことが出来ることです。

債権者としても、競売よりも高く売却が出来て回収金額が増えるのであれば、一定の費用を認めてもメリットがありますので、引越しの費用を捻出することに協力を得られるのです。

なるべく多くの債務を返済できて、引越しの費用も捻出することが出来ますので、任意売却には競売では得られない大きなメリットがあるのです。