任意売却における退去時期について

悩み抜いた結果として任意売却を選択された方、先が見えずに不安になることが多いと思いますが、家族がいらっしゃる方が特に気になるのは、いつまでに引越ししないといけないのか?という点だと思います。

はじめにお伝えしたいのは、仮に競売になってしまっていたとしても、あわてて引越しをする必要はありません。

気分的には良くないかもしれませんが、落札されてしまうまでは、堂々と住んでいることが出来るのです。

では任意売却を行うにあたっては、退去の時期はどうなるでしょうか?

任意売却は、業者に依頼して債権者に申し出することがスタートになります。

中にはこの時点で引越しをしないといけないと思われる方が多いのですが、必ずしもそうしないとならない訳ではありません。

なぜ必ずしもと前置きしたかというと、売却をするときには物件が空室ですっきりしている方が、視覚的な印象が良くなりますので、任意売却の精度を上げるためには、やはり退去後の状態が望ましい、と考えられるケースもありえるのです。

とはいえ、大多数の方が任意売却を選択した時点で、自力で引越しを行う資力が伴っていないのが現状ですので、前もっての引越しを強要されることは、まずあり得ないことかと思います。

実際の任意売却で退去時期として考えられるのは、買い手が見つかり、売買契約を締結して、決済(引き渡し)が行われるまでの間に、ゆとりを持って設定されます。

ただし、競売になってしまい、時間の限りが決まっている場合などでは、引越しまでの時間が短縮されるケースも考えられますので、ゆとりを持って早期にご相談いただくのが、望ましいと思います。