任意売却における無担保の借り入れの扱いについて

住宅ローンの支払いを滞納してしまって、任意売却を選択される方の中には、カードローンなどの抵当権の設定の無い、いわゆる無担保の借り入れがあり、こちらも滞納してしまっているケースがあります。

住宅ローンの抵当権者に続く、劣後債権者への支払いについて、ハンコ代という費用が認められ、いくらか返済することで抵当権を抹消出来るという話をご存じの方もいらっしゃるかと思います。

では、無担保のカードローンの滞納に対して、ハンコ代の費用が認められ、いくらか支払いすることは出来るでしょうか?

結論から言うと、無担保の債務については、ハンコ代の対象として認められないので、費用から支払いすることはできません。

ただし、無担保の借り入れであっても、裁判を経て判決で債務名義が確定して、不動産に対し差し押さえが入っている状況であれば、ハンコ代を認める対象になる場合があります。

任意売却が長期にわたってしまい、その売却活動の間に、当初は無かった新たな差し押さえが入ってしまったとしても、債権者から承諾をもらえればハンコ代を捻出して、無事に任意売却を進めることもできますので、思わぬことが起こったとしても、安心して売却を進めてください。