任意売却における住宅ローン以外の滞納の影響

任意売却を進められる方の中には、住宅ローン以外の借り入れがあり、それらも滞納されている方が多くいらっしゃいます。

これらは任意売却を進める上で、どのような影響があるでしょうか。

住宅ローン以外の借り入れが、不動産に対して抵当権の設定がある有担保債権である場合には、任意売却の決済時に抵当権の抹消をしてもらう必要があります。

このような場合には、無償で抵当権の抹消に応じてもらうことは難しいでしょうから、ハンコ代を配当することで、債権者に費用の捻出し、抵当権抹消の応諾をもらいます。

次いで住宅ローン以外の借り入れが、抵当権の設定のない無担保の債権であった場合には、当該債権者から訴訟を起こされて、判決が確定していない限りは不動産に対して差し押さえが入ることはありませんので、任意売却には影響がありません。

ただし、タイミング悪く決済の直前に判決が確定して、不動産に差し押さえが入るケースもございますので、スケジュールの管理は徹底していただくのが望ましいかと思います。

任意売却には影響がなくても、無担保債務として残り、その後の生活には大きくかかわってくる問題ですので、専門家とよく相談して、再生のプランを作成してください。