任意売却と競売の違いは?任意売却の方が物件が高く売れる!?

住宅ローンの滞納をしてしまっている方が選択される任意売却ですが、通常の売却とはどのように違うのでしょうか?

住宅ローンの滞納から、差し押さえや競売の申し立てを受けてしまっているような状況で、売却しても債務が残ってしまうようであれば、任意売却に分類されます。

資産価値の方が低い債務超過の状態で、売却しても債務が残ってしまう状況ですので、売却価格については、債権者に対する配分額について同意をもらい、抹消や取り下げの承諾を得なければ任意売却を進めることはできません。

債権者に厳しい配分金額を要求されてしまうと、売り出し価格が高くなってしまい、売却できる見込みが減ってしまう場合もあります。

対して、不動産の資産価値があり、売却したことによって債務が全額返済出来る状況であるならば、債権者の合意は必要ありませんので、売主の希望額で売却をすることが出来ます。

任意売却とは違い、完済することさえ出来れば、債権者の承諾などは一切必要ありませんので、その分成約する確率は高いかもしれません。

ただし、競売の申し立てを受けてしまっていれば、時間的な制限が決められてしまいますので、その後の時間管理に十分注意する必要があります。