任意売却で売れない場合の見直しについて

任意売却を進めているが、思うように売れないケースがあります。

要因として最も多いのは、販売価格が市場相場に対して高すぎるなど、適正価格で販売が出来ていないことにあります。

これに対する対処方法としては、物件に対する反響の状況に応じて、柔軟に販売価格の見直しを行うことなのですが、任意売却の場合は価格の決定権は債権者側にあります。

売却しても債権の全額が回収できない債務超過の状況では、債権者に抵当権の抹消を承諾してもらうために、債権者側の納得する価格で売却する必要があるのです。

売却価格は幾らでも良いという状況ではないので、たとえ所有者でも自由勝手に価格の変更を行うことは出来ません。

そこで、債権者にはしかるべき資料を提出したうえで、価格の見直しについて交渉していく必要があるのです。

見直しが了承されれば適正価格に修正することが出来るので、価格が原因で売れないということは無くなっていくはずです。

ただし、売れない理由というのは必ずしも価格だけに原因があるものではありません。

最近では、依頼している業者がきちんと任意売却の対応をしていない事によって、売却が進まないなどの相談も増えていますので、依頼している業者をしっかり見極めた対応をしていく必要もあります。