任意売却で売れない場合の価格見直し

前回のインフォメーションで、任意売却で不動産が売れない場合について記述しましたが、売れない原因が価格にある場合を追及してみます。

価格が原因で売れないのは、市場価格に対しての優位性が低いからです。

任意売却の不動産は、多くの場合に瑕疵担保責任(隠れた瑕疵の保証をする責任)が免責の契約になります。

これは、任意売却では売却後も債務が残ってしまう以上、手元に金銭が残らないことを考慮して、保証できない責任については免責にせざるを得ないというものです。

買い手にとってみれば、瑕疵担保責任の免責で買う以上は、同じ規模の不動産よりも価格が低くないと、見劣りしてしまうのは否めないと思います。

このため、債権者に価格決定権のある、任意売却の不動産の価格については、多くの場合で市場価格より安く設定されます。

ただ、それでも売れないことはあり得ますので、その際には債権者に価格の見直しを依頼して、売却に妥当な価格への変更を交渉することになります。

無制限に価格の引き下げをすることはできませんが、ある程度の優位性を発揮できる価格までは見直しができる可能性がありますので、もし価格が適正ではなくても、あきらめることなく交渉してみるのが大切なことだと思います。