任意売却で不動産が売れない場合

任意売却を進めていたが、不動産が思うように売れなかった場合の理由と、その後の状況はどうなるのか?

まず、売れない場合として考えられる理由から整理していきます。

任意売却の不動産は、価格の決定権は債権者にありますが、競売よりも多く回収出来る見込みがあれば、任意売却に積極的に対応してくれます。

競売で想定される落札額よりも高い価格で、且つ一般的な市場の価格よりも安く、売り出しの価格が設定されることがほとんどです。

価格面の問題で売れないことは、物件の個別要因でマイナスに評価されるものが特に無いようならば、あまり無いと考えられます。

ただ、中には任意売却そのものに消極的な債権者もおりますので、完済じゃないと受け付けないと断られたり、不動産の評価そのものが間違っていたりして、有利な価格の設定が出来ない場合もありますので注意が必要です。

価格に売れない理由が無ければ、後は時間的な問題です。

不動産は買う側にとっても大きな買い物ですので、結論までに時間がかかる場合も考えられますし、融資を組むのであれば審査に時間がかかる場合もあり得ます。

しかし、競売の手続きは待った無しで進んでしまいますので、入札の期間が先に訪れてしまうことも起こりえるのです。

売却出来ずに開札の日を迎えてしまった場合には、もう手の尽くしようはありません。

いずれ買受人から連絡が来て、売却出来ずに退去しなければいけない事態になってしまいます。

そうならないためには、時間の管理をしっかり行い、成約の確立が残されているうちに任意売却の手続きを決断する必要があるのです。