マンション投資に失敗した場合の任意売却

任意売却を選択する多くの方は、ご自分の居住用不動産が対象なのですが、中には自宅とは別に投資用のマンションを購入していた方が、売却を希望される場合もあります。

主に、運用で思うような成果が出ずに失敗して滞納になってしまった方、投資としては成功していても、本業の環境が厳しかったりして、生活の困窮状況が投資で得た収益を圧迫して、滞納に至ってしまった方、などが挙げられます。

ちなみに、投資用不動産で組んでいるアパートローンの方が、滞納した場合の債権者からの差し押さえ対応が速やかですので、より注意が必要かと思います。

投資用の不動産の場合には、基本的には賃借人の方がいますので、オーナーチェンジの収益用不動産として売却を進めることになります。

この時、物件に対しては、執行官の物件調査が入りますので、賃借人の方には少なからず影響があると思いますが、任意売却を進めるうえでは大きな問題にはなりません。

収益不動産の場合には、収益の利回りがベースになり売買価格に対して影響しますので、利回りの良い不動産の方が金額が高くなる可能性があります。

もしも、時間的・金銭的な余裕があれば、賃借人の方に退去して頂き、居住用不動産として売却することも可能になりますので、依頼した業者と相談して、最も適した販売方法を選択して、任意売却を進めてください。