マンションの任意売却における管理費の滞納について

任意売却の対象不動産がマンションであった場合、多くのケースでは管理費・修繕積立費も滞納してしまっております。

そこで、任意売却時の管理費・修繕積立費の処理について解説致します。

結論から言うと、管理費・修繕積立費の滞納がある場合、ほとんどの場合で延滞金などを除いた全額が、配分の費用として認められております。

これは、管理費・修繕積立費の滞納は、旧所有者が支払いを怠った場合、新所有者に引き継がれてしまうため、滞納額がそのまま不動産価値から減殺されるものと考えられるからです。

どのみち不動産価値と相殺されるのであれば、全額を配分に認めてしまっても、債権者の配分には影響がないとみなすことが出来ます。

これにより管理費・修繕積立費の滞納は、ハンコ代などとはその扱いが異なり、全額が認められる存在になるのです。

ちなみに、新所有者に滞納管理費・修繕積立費が引き継がれてしまった場合に、新所有者からの訴えで旧所有者に支払いの請求が認められたケースもありますので、任意売却を行い管理費・修繕積立費も清算しておくことは、後々に有意義な結果になりえるものと思われます。