配当要求終期公告についての解説

競売の申し立てが受理されると、裁判所は不動産に対し差押の登記 をします。

そして、その物件の目録を裁判所内にて公告します、これを配当要求終期公告と言います。

裁判所は、競売の申立が行われた際には、配当要求の期日を定め、公告をすることが義務付けられています。

これは競売を申立てた債権者以外にも債権を有する者に対し、裁判所に債権者であることを明確にするために申し出てくださいという制度です。

申し出することによって、他の債権者が申し立てた競売の手続きに参加して、配当を受け取る権利を取得することが出来ますが、手続きが取下げされるなどにより終了した場合は、この配当要求も同時に効力を失います。

配当要求終期公告がされた後、管轄裁判所や物件の規模などによって異なりますが、平均して3ヶ月~6ヶ月後に開札となります。

この配当要求終期公告がされた後には、裁判所にて目録の閲覧が出来るようになりますので、情報を得た業者が自宅に訪問してくるなどの、プライバシーを無視した行動を取る可能性も考えられます。

なお、この公告がされた後でも、任意売却を行うことはできますので、取り下げを希望される方は、残りの時間を有効に利用して頂くことが望ましいと思います。