自己破産とは?

自己破産とは、借金の返済がどうしても出来ない人が、生活に必要な最低限度の財産を除き、他の財産の全てを返済にあてて清算し、それでも残った借金を、税金などの一部の債務を除き免責してもらう制度のことです。

破産法という法律に規定された制度で、おもに弁護士・司法書士などに委任して手続きを行います。

返済に苦しんでいる人を救済して、経済的な再生を図ることを目的としていますので、ギャンブルやショッピングによる浪費や、詐欺的な借り入れがあるときなどは、裁判所の判断する免責不許可事由に該当し、免責不許可の決定がなされてしまうこともあります。

弁護士・司法書士が依頼を受任すると、各債権者に代理人になった旨の通知をおこないますので、以降は債権者から債務者への直接の返済に関する取り立てを行うことはありません。

裁判所で免責が許可されると、税金などの一部の債務を除いた借金が免除されますので、支払いに苦しんでいた状況から解放されることになります。

ただし免責後は、法律上10年間の期間を経て復権(権利の回復)に至るまでは権利制限がかかり、新規の借り入れやクレジットカードなどの利用をすることができません。

実務的には7年ほどで復権に至るケースが多いようですので、復権以降は破産申立前の状態に戻り、法律的な権利の制限から解放されることになります。