競売についての解説

競売とひとくくりに言われがちですが、不動産競売には強制競売と任意競売の2種類の手続きがあります。

強制競売は、裁判で判決の出た債務名義に基づいて進められる強制執行です。

強制競売は、裁判を経た判決手続きの中で、お金を返済しなかった債務者に対し、その債務者が不動産を持っていた場合には、不動産を裁判所という公的機関の手続きを通じて売却し、その売却代金から債権者が債権を回収する手続きのことです。

対して任意競売は、抵当権(担保権)に基づいて進められる権利の実行です。

資力の喪失などにより債務が弁済されない場合、債権者は抵当権に基づいて担保である不動産の競売手続きの申し立てを行い、その売却代金から抵当権の順位に基づいて債権を回収することができます。

抵当権の実行により、担保不動産は売却され抵当権は消失することになりますが、売却代金が回収すべき債権額に満たなかった場合は、残りの債権額については担保権の無い債権として残ることになりますので、債務そのものが消失することにはなりません。