媒介契約とは?

媒介契約とは、不動産の売買を行う際に、依頼者と業者間で締結する、売買を委任する権利・義務関係を確約する契約のことです。

この契約によって、個人情報の扱いを行うことにもなりますので、業者には守秘義務も発生致します。

一般媒介・専任媒介・専属専任媒介と3つの形式があり、形式によって契約の拘束度が変わります。

このうち、一般媒介は複数業者との締結が可能ですが、残りの2つは単独業者での契約を行うことになります。

通常の不動産取引においては、形式は任意に選択されて締結する契約なのですが、任意売却を行う場合においては、専属専任媒介の形式を選択する場合が多くなっております。

大きな理由としては、業者は媒介契約締結後に債権者に契約締結を報告することになるのですが、複数業者が介在する一般媒介であった場合、債権者の持つ個人情報の扱い上、いくつもの業者に開示することがリスクになる可能性があるのです。

媒介契約の締結によって、業者は販売活動を進めていき、必要に応じて付随業務を行っていくことになります。