債権譲渡とは?

債権は、売買等の形式をもって譲り渡すことができます。

債権譲渡とは、債権の性質はそのままの内容を維持したままで、その債権を別の相手に譲り渡すことをいいます。

住宅ローンの滞納が発生している状況下でも、債権者が別の相手に債権を売却することがありますので、任意売却を検討されている方も無関係ではありません。

債権の譲渡人は、債務者に通知するか、債務者がこの譲渡を承諾しなければ、債権を譲り渡したことを第三者に主張することが出来ませんので、このために行動として、多くの場合は内容証明の郵便で通知が来ます。

債権者が別の相手に代わったことになるのですが、先に述べたように、債権の性質はそのままに譲渡されますので、当初合意された内容が変わることは基本的にはありません。

ただし、債権者によっては、その債権の回収に対するスタンスが異なる場合もありますので、話し合いで何とかなるというような考え方が通用しない場合もあります。

債権譲渡されたことで、任意売却が出来なくなるのでは?と心配される方もおられますが、そうなる影響はほとんど考えられませんので、ご安心ください。

ちなみに、債権の性質によっては譲渡することを認めていないものもありますので、その場合にはこのようなことは起こりえません。