サービサーとは?

サービサーとは、債権管理回収業に関する特別措置法(以下「サービサー法」)に基づき、法務大臣から営業の許可を得て設立された債権回収を専門に行う会社の事です。

金融機関の不良債権処理を円滑に進めることを目的としており、従来では弁護士にしか認められてなかった債権回収業務を、特例としてサービサー法で許可を受けた会社のみに許可されたものです。

業務としては、債権回収の業務を受任して手数料収入を得たり、サービサー法に定められた金銭債権を買取り、担保不動産を処分した代金から収益を得たりしています。

担保権者が住宅金融支援機構の場合にも、サービサーに回収の委託を行い、受任したサービサーが任意売却の際の交渉の窓口になったりしますので、関係の深い機関になります。

サービサーは、サービサー法による厳格な規制のもとに、法令を遵守して適正な回収をすることが義務付けられています。

よって、暴力団員等の関与の有無については徹底的に排除がされてます。

また、取締役に1名以上の弁護士が含まれており、内部から債権回収会社の業務全般を監督する仕組みが作られてます。